タイ語翻訳対応分野

当社は、幅広い分野の翻訳に対応しています。特に、工業規格、財務諸表、契約書、各種申請書、登記文書の翻訳を多くご依頼頂いていますが、その他の文書の翻訳に関してもお問い合わせ下さい。可能な範囲で対応させて頂きます。

翻訳証明に関して

当社では、翻訳証明の発行には対応いたしません。事務手数の大きな業務を対象外とすることにより、翻訳業務の効率性を維持するためです。


タイ語 翻訳 見積



通訳の言語別需要動向:タイ語、ベトナム語、英語

グローバル化が進む現代社会では、日本語だけではどうしても仕事を円滑に進める事ができない現場に直面してしまう事も少なくありません。 多くの場合は英語が必要となりますが、なかなか学校教育で身に着けた英語だけでは対応できない場合も多々あります。 また適当な表現をすると相手から誤解されてしまう場合もあるので、正しくコミュニケーションを図る為には通訳会社を利用したり、通訳者に間に入ってもらう事も重要です。 ただ、現在では英語だけでは少々足りなくなってきているのも現状です。 日本で働く外国人を見てみると、東南アジアから働きに来ている人も大勢います。 勿論彼らもある程度の英語を使う事は可能ですが、お互いに母国語ではない言葉でコミュニケーションを図る事はなかなか難しいのも事実として知っておくと良いでしょう。 その為、現在ではタイ語やベトナム語などの通訳者が必要とされる機会が増えて来ました。 これは特別な職種だけでなく、様々な職場で必要とされる場面が増えてきていると言えます。 特にタイ語やベトナム語自体は日本の学校教育で学ぶ機会はなかなかないので、その言葉でコミュニケーションを自分で図る事はほぼ不可能だと言っても過言ではありません。 言葉と言うのは、その人との関係を構築していく為にも必要な物です。 また相手の考えている事を理解したり、こちらが伝えたい事を相手に理解してもらう為にも必要な道具です。 しかし外国語に関しては微妙な表現もあり、さらに日本語自体もあいまいな表現が多い言語なので、うまく外国語にする事ができない場合も少なくありません。 そういう場合は通訳会社を利用すれば、実際に自分が伝えたいと思っている事を正しく伝えてもらう事も出来るし、何より相手が言いたい事も自分たちで理解しやすい形にしてもらう事ができます。 だから、ビジネスと言う点から考えても、海外から働きに来る人が多くなって行く現代社会においては、通訳者と言うのはとても需要が高い仕事だと言えるでしょう。 また今後は英語だけでなく、タイ語やベトナム語といった言語を必要とする場面は増えていく事も容易に想像する事ができます。 従って、通訳の需要に関して言えば、タイ語やベトナム語を使える人が求められるというのは今後はもっと増えて行くと言っても良いでしょう。 またタイやベトナムに工場や会社を作る企業も今後はもっと増えていくので、日本だけでなく現地で通訳を担当してくれる人の需要もこれからはより増えていく事も予想できます。