タイ語翻訳関連サービス

当社は、翻訳だけにとどまらず、翻訳関連のその他の業務も行っています。例えば、テープからの文字起こし、翻訳済みの訳文のチェックなどです。

上記の業務以外でも、ご要望がありましたらお問い合わせ下さい。対応可否、および、料金を提案させて頂きます。


タイ語 翻訳 見積



翻訳者になるための方法:技術翻訳者の場合

技術翻訳には、電気、機械、法律、医学、建築などの専門分野における知識やノウハウが必要です。 但し、全ての技術における知識やノウハウが必要と言う事ではなく、特定のジャンルの知識やノウハウが必要と言う事です。 勿論、全てのジャンルに精通している事で、翻訳の仕事を多く受けることが出来るので、広く浅くではなく1つのジャンルにおいて深い知識が在ることで翻訳会社の中では注目されることになります。 また、電気、機械、医学、建築などのジャンルの中には法律的な要素も含まれているので、それぞれのジャンルにおける法律の知識も必要になります。 最近は中国からタイやベトナムなどの国々に進出する企業も増えており、申請許可等ではタイ語やベトナム語などの言語が必要になることも多く、翻訳会社ではこれらの言語に精通し、且つ、専門的な知識を必要とする技術翻訳が可能な翻訳者を求めているケースが多くなっています。 申請許可手続きでは、法律的な要素も含まれている事が多いため、単にタイ語やベトナム語が話せる、もしくは書くことが出来るだけではなく、専門知識も必要になります。 尚、技術翻訳者になる上で重要な事は、言語におけるスキルは勿論の事、技術的なスキルも必要です。 これは原文に記載されている専門用語が多数在るからで、専門用語の理解が出来なければ直訳してしまう恐れもあります。 また、略語なども数多く出現するので、略語における知識も必要となりますし、略語は言語に応じてそのまま表記して良い場合と、別の言葉に置き換える必要が有るものが在ります。 尚、原文が日本語の場合も在れば、英語やフランス語と言ったケースも在ります。 翻訳する言語がタイ語やベトナム語で、原文が日本語で有れば技術的なスキルを持つ人であれば技術翻訳は可能になりますが、原文がフランス語やその他の言語などの場合、その言語に対するスキルも必要になります。 翻訳会社の多くは、翻訳者をアウトソースしているケースが多く在り、原文の言語と翻訳する言語の両方のスキルを持つスタッフを外注者として登録しており、必要に応じて技術翻訳が出来るスタッフに仕事を発注するスタイルを持っているのが特徴です。 また、言語におけるスキルだけではなく、電気や機械、医学、法律、建築などの技術的なスキルや知識を持つスタッフに対して仕事を発注すると言ったスタイルになっているので、特定のジャンルと言語のスキルを持つことで仕事を受注したり、翻訳会社の中で業務を遂行する事が出来るようになります。