タイ語学習の難易度

タイ語を日本人が習得しようとすると、かなりの学習時間が必要となります。なぜならば、タイ語は日本人にとっては難しいとされる声調があるためと、文字の習得にも勉強が必要になってくるためです。そして、タイ人でも母国語をマスターするのにはかなりの時間を費やしていると言われており、日本人が独学で習得するのはかなり難しいとされています。タイ人と少し会話したいという程度であれば、ガイドブックなどに載っているものでも学習できますが、本格的に読み書きや聴解、会話を勉強しマスターしたいのであれば、タイ語学校へ行くことをおすすめします。 日本でのタイ語学校は英語や英会話教室などよりも断然少ないですが、東京や大阪では本格的に学べるところがあります。しっかりした学校で基礎を学んでおくといいでしょう。タイの歴史や文化を学ぶこともでき馴染みながら言葉や文字を覚えていくことができます。タイ語の難易度は英語よりも難しいと言われていますが、しっかり基礎を積み重ねていくことでマスターすることも可能です。またタイ語学校だけではなく、直接現地へ行ってネイティブな言語に囲まれた環境に身をおけば耳が慣れますので馴染みやすくなり、覚える時間も短縮できます。 逆に日本ではなく、タイのタイ語学校で学んでくるという手もあります。毎日の課題やレポート等勉強することがたくさんありますので大変ですが、現地人との交流する機会が毎日ありますので、会話や聴解能力をより自然に身に着けさせることができます。 しかし、タイ語をよく知らずにいきなりタイに留学するのは無謀ですので、日本にいる間にある程度の基礎と会話能力を習得するのが無難といえます。また、仕事がらみでどうしても覚えなければないというかたは文字を学習しつつ、現地人とコミュニケーションをとる方法を優先に覚えていったほうがいいでしょう。 タイは仏教国であり、文化や歴史的背景は日本人にとっても理解しやすいところがあります。また、日本との関係も良好であるので、よい相互関係でいられることのできる国です。タイは長期的なスパンで見ていくと経済発展をしていく可能性の高い国でもありますので、日本国内でもこれから需要が増えていく言語であると考えられます。タイ語をマスターするのは難しいですが個人差もあり、日本人で話せる人も結構います。覚えられる機会があったら、タイ語学校などを活用してどんどん覚えていきましょう。