1. HOME
  2. ブログ
  3. タイの翻訳ニュース
  4. タイ社会
  5. ソンクラン中の交通事故:277人が死亡

BLOG

ブログ

タイ社会

ソンクラン中の交通事故:277人が死亡

今年のソンクラーン(タイ正月、4月10日から16日まで)中の7日間の交通事故による死者は、タイ全国で277人となり、2年前から30%の減少となった(昨年度は、Covid-19の感染拡大に伴うロックダウンのため、ソンクラーン休暇はなし)。

同時期の交通事故の数は、2,300件だった。減少の理由は、Covid-19の感染拡大に伴う旅行・帰省をする人が少なくなったためと見られている。

同期間中に関する主な交通事故に関する数値は以下の通り。

死亡者の多い県:パトゥムタニ県(10人)、バンコク(9人)、チェンマイ(9人)

事故の多い県:ナコンシータマラート県(106件)、チェンマイ県(77件)、ソンクラー県(69件)

事故の原因、:飲酒運転(36.6%)、スピードの出し過ぎ(28.3%)、無理な追い抜き(17.8%)

事故を起こした車両:オートバイ(79.2%)、ピックアップトラック(6.9%)

事故の時間帯:午後4時から8時(29%)、正午から午後4時(21.1%)

負傷・死亡者の年齢:15歳から19歳(15.3%)、30歳から39歳(14.4%)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事