1. HOME
  2. ブログ
  3. タイの翻訳ニュース
  4. タイの経済
  5. 海外からのオンラインサービスにVAT課税へ

BLOG

ブログ

タイの経済

海外からのオンラインサービスにVAT課税へ

21年9月1日以降、タイを対象にして外国からオンラインでのサービスを提供する業者は、年間の売り上げ額が180万バーツを超える場合には、7%の付加価値税(VAT)を支払う事が必要となる。

Apple、グーグル、フェースブック、ネットフリックス、LINE、Youtube、Tiktokなどが対象となる。

国税局では、21年度には、50億バーツのVATを徴収する事を見込んでいる。

対象となる企業は、国税庁のウェブサイトを通して登録をし、毎月、VATを納税する必要がある。ただし、納税申告書の提出は必要ない。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事