1. HOME
  2. ブログ
  3. タイの翻訳ニュース
  4. タイ社会
  5. 自主隔離義務を緩和:プーケット県

BLOG

ブログ

タイ社会

自主隔離義務を緩和:プーケット県

1月23日、プーケット県の県感染症委員会は、バンコクとサムット・プラカン県からプーケット島を訪問する人に義務づけていた14日間の自主隔離を免除する事を決定した。
 
プーケット県では、20年12月のコロナ第2波に対応して、感染者数の多い一部の県からの訪問者に対して、14日間の自主隔離を義務づけていたが、22日に行われた、県の幹部と観光業者との話し合いの場において、「観光業に依存するプーケットの経済を回復させるために、緩和を行ってほしい」き要請があった事から、今回の緩和策が決定した。
 
ただし、今後も、プーケット県を訪問する際は、ウェブサイト(gophuket.com)で事前登録を行う事や、感染追跡アプリのモーシャナ(Mor Chana)を常時使用する事が必要。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事