1. HOME
  2. ブログ
  3. タイの翻訳ニュース
  4. タイ社会
  5. 農園主が象に踏まれて死亡

BLOG

ブログ

タイ社会

農園主が象に踏まれて死亡

2月15日、東北部プラチンブリー県のマンゴ農園で、男性が象に踏み殺されて死亡した。

死亡したのは、マンゴ農園のオーナーのタウィー・チットブンシューンさん(61歳)で、この日、午後4時頃に農園に向かったが、午後6時になっても戻らなかったため、タウィーさんの弟が農園に探しに行った所、タウィーさんが血を流して倒れているのを発見した。

警察では、タウィーさんは午後7時半頃に象に踏み殺されたと推計している。現場近くでは、2日前に、象が歩いているのが目撃されていた。

警察関係者は、「乾期には森の中の食べ物が少なくなるため、食べ物を求めて、外部に出て来る象が増える」と説明している。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事