1. HOME
  2. ブログ
  3. タイの翻訳ニュース
  4. タイ社会
  5. 酔った村長が店内で発泡し、4人が怪我

BLOG

ブログ

タイ社会

酔った村長が店内で発泡し、4人が怪我

3月7日の夜、タイ東北部のナコンパノム県で、同県ナーグア村のパイサーン・セーンクライ村長(58歳)が、同村内のパブ(店舗名:Tong 2)で、拳銃を8発発射し、客の4人が流れ弾に当たって怪我をした。

同村長が、パブの店の入り口付近に車を止めて入店した際に、店員が、「駐車場に車を移動させる」様に求めた所、同村長は、店の外に出て、拳銃を持って再度入店し、店内で発砲した。

同村長は、警察に現行犯逮捕され、タイ政府は、同村長を停職処分とした。現場を目撃した店員は、「同村長は、酔っていた様だ」と証言している。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事