1. HOME
  2. ブログ
  3. タイの翻訳ニュース
  4. タイ社会
  5. (4月14日更新)運輸相がコロナに感染

BLOG

ブログ

タイ社会

(4月14日更新)運輸相がコロナに感染

トンローの高級ナイトクラブの店内の様子

本文

4月7日、サックサヤーン・チットショープ運輸相が、Covid-19感染が確認され、運輸相は、ブリーラム病院に入院した。

運輸相は、6日に同病院を訪れ、PCR検査を受け、結果は陰性だったが、7日に38度の熱が出たため同病院を再度訪問し、血液検査を行った結果、感染が確認された。

運輸相は、プームチャイ・タイ党の幹事長で、タイ東方地方ブリーラム県の有力者(地元のボス)。また、運輸相との濃厚接触者として、アヌティン保健相や、ピパット観光相ら複数の閣僚も14日間、自宅での隔離措置を受け、リモートでの勤務をする事になった。

(4月10日追記) ブリーラム県は、運輸相の感染に関して、「運輸相の側近の内の3人が、トンローにあるナイトクラブのKrystal Clubを3月31日に、Emerald Clubを4月1日に訪問しており、側近を通して感染したものと見られる。運輸相自身は、ナイトクラブを訪問してはいない」と発表した。

Krystal ClubとEmerald Clubは、トンローにある、顧客1人当たり、最低数万バーツから数十万バーツの料金がかかる高級ナイトクラブで、政財界のVIP顧客を多数集めている。駐タイ日本大使も、トンローのナイトクラブで感染した事が分かっている。

(4月12日追記)
ブリーラム県の医療関係者は、運輸相の感染経路に関して、「運輸相の側近のラウィット氏(35歳、男)が、トンローのナイトクラブを複数回訪問しており、そこで感染し、その後、ラウィット氏から、運輸相のボディーガードや運転手に感染し、運輸相にも感染が広がった」と説明した。

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事